Nocturne #22

若くしてデザインへの造詣が深い日本生まれの Michiko Suzuki(鈴木道子)は、テーラーだった祖父の影響で服作りを始めました。文化服装学院を卒業後、Yohji Yamamoto(山本耀司)の Y’s Red Label でチーフ デザイナーに起用されました。その後 2010 年に、自身のレディースウェア ブランド Nocturne #22 を設立。ショパンの「夜想曲」にちなんで名付けられたこのレーベルのデザインは、内在する暗さが特徴です。ディコンストラクテッドなシルエット、アシメトリックなヘムと大胆なディテールは、ニットのカーディガンやポプリンのシャツをはじめとする完璧な仕立てのクラシックなアイテムにまったく異なる印象を与えています。オーバーサイズのジャージのプルオーバー、フード付きのワンピース、クロークのようなウールのコートは、すべて黒、白、ネイビーブルーのグラデーションで彩られ、ドレープとレイヤードの効果を念頭に作られています。

すべてのデザイナー