Yves Salomon

Yves Salomon は、1900 年代初頭にサンクト ペテルブルクで毛皮の取引を行っていたシベリアにルーツを持つ毛皮商の後継者として生まれました。1960 年代には、パリを拠点とする Salomon のアトリエはその洗練された職人技と Revillon や Dior などのクチュール ハウスとのコラボレーションで知られるようになっていました。1980 年代にパートナーシップ契約が急増し、Jean Paul Gaultier、Prada、Yves Saint Laurent のような一流デザイナーからも発注されるようになって、ファッション界の中心へと躍り出ました。現在は、レディースウェア コレクションが無駄のない新たなシルエットを通してグラマラスな魅力を維持しています。贅沢なファーの縁取りと裏地が、パーカーやベストのようなアウターウェアの定番をハイ ファッションへと高める一方で、ミニマルなトレンチコートにはプレミアムなリバーシブル レザーが使われています。

すべてのデザイナー