Yves Salomon - Army

19世紀初頭のサンクトペテルブルクで毛皮取引に携わっていたシベリア出身の毛皮商の 3 代目として、Yves Salomon は家業を受け継ぎました。 1960 年代にはすでに、Revillon や Dior など、クチュール ハウスとのコラボレーションによって流行を発信する手腕と緻密な技術によって、パリを拠点とする Salomon のアトリエは広く知られていました。 1980 年代にはライセンス契約に基づく提携が劇的に増加し、ファッション界最前線のブランドとなりました。 今日 100 種類を超えるファーを扱う Yves Salomon は、絶えず技術革新に挑み続けることで有名です。 ミリタリー スタイルから着想したアウターウェア「Army」 では、実用的なジャケットやパーカーとシグネチャー であるファーが結び付いています。