Maison Margiela

先鋭的なコンセプト デザイナー、Martin Margiela は、1988 年に自身の名にちなむクチュール ハウスを設立後、瞬く間にベルギー ファッション界におけるアバンギャルドの旗手として地位を確立しました。 Margiela のアトリエは匿名の職人集団というスタンスを理念としており、自身もその活動期間中はインタビューを拒否し、公の場に姿を見せることはありませんでした。 2009 年の Margiela の引退後、ラインはパリのデザイン チームの指揮下に入り、やがて 2014 年に John Galliano がクリエイティブ ディレクターに起用されました。このレーベルのクラシックなスタイルをアレンジしたレディースウェアの中心には、常に変容と脱構築というコンセプトが存在します。 Maison Martin Margiela では、革新的な素材の使い方、ビンテージ加工、アシンメトリーなドレーピングとテーラーリング、トロンプルイユ効果、丁寧にデザインされたミニマルなレザー バッグやジュエリー、レーベルの定番として無限の解釈が展開される Replica シリーズのスニーカーに、コンセプチュアリズムとラグジュアリーの知的な融合が常に表現されています。

すべてのデザイナー