Comme des Garçons Homme Plus

Comme des Garçons Homme Plus は、従来のメンズとウィメンズウェアの境界を打ち破り、斬新なカット、素材の処理、異なるスタイルの融合が特徴的な、ジェンダーに捉われないアバンギャルドなデザインを展開してきました。 Comme des Garçons Homme Plus は、Comme des Garçons が 1981 年のパリ プレタポルテ・コレクションで衝撃的なデビューを飾って以来トレードマークとなったモノトーンの配色に加え、デコンストラクションやアシンメトリな仕立てといった新しい境地を開拓することで、遊び心溢れるスタイルを受け継いでいます。 ブランドの創設者である川久保玲の類い稀なる独創性と知的存在感は、常にファッションの最先端を行き、コンセプチュアル ファッションにおいて多大な影響を与え続けています。 Comme des Garçons Homme Plus の「アンチモード」としての伝統は、今日も同コレクションのシャツ、ドレス、トラウザーズ、アクセサリーに反映され、既成概念にとらわれないさりげないメッセージを表明しています。