J.W. Anderson

J.W. Anderson は、ロンドン カレッジ オブ ファッションでメンズウェアを学んだ後、2010 年にプログレッシブで挑発的なコンセプトのレディースウェア ラインを立ち上げました。 英国ファッション界で急成長を遂げている Anderson は、LOEWE のクリエイティブ ディレクターを務めながら、自身のラインで常識を打ち破る作品を発表し続けています。 アバンギャルドでジオメトリックなフォルムとジェンダー フルイド(性別が流動的)なスタイルの寄せ集めがシグネチャとなり、 アシンメトリーなワンピース、オフショルダーのブラウス、立体的なスカート、ミニマルなシャツに、ノットやエキセントリックなプリントといったアクセントが利いています。 上質なレザーを使い、定番である半月型のカットを入れたハンドバッグが、アンダーソンの新たなビジョンに芸術的なタッチを加えています。

すべてのデザイナー