Molly Goddard

ウェスト・ロンドン出身の Molly Goddard は、ノスタルジアと精密な技術を等分に併せ持つ独自のスタイルで、青春の夢想エネルギーを軽やかなチュール ドレスへと転換します。まだ年若い Goddard は、セントラル・セント・マーチンズ大学でファッション ニットを勉強した後、2015 年に陽気で反逆的な春コレクションを発表して大好評を得ました。以来、不安定な若さをフリルで表現するエキセントリックなスタイルは、飾り気のないミニマリズムが市場に充満する中、新鮮な響きを奏で続けています。しかし、あたかも透明な砂糖菓子のような Goddard の作品は技巧的なレイヤードの可能性を秘め、華やかにネオン カラーが波打つ単体としてのみならず、成熟した装いに視覚的な軽やかさをもたらす要素ともなります。ボリュームのあるドレス、並外れて大きなサイズのスカート、ルーシュをあしらったトップスなど、制約のない誇張で女性のシルエットを隠したシルエットには、キャンディ カラーの刺繍をあしらったニットやぴったりフィットするストライプ カーディガンが完璧なコントラストを作ります。

すべてのデザイナー