Raf Simons

ベルギー生まれのデザイナー、Raf Simons は、1995 年に自身の名にちなむブランドを立ち上げました。そのキャリアの出発点となったのは、Martin Margiela の初期のランウェイ ショーです。ショーを見た Simons は、インダストリアル デザインの世界を離れてアントワープのロイヤル・アカデミーでファッションを学ぶ決心をしました。Simons はクリエイティブ ディレクダーとして Jil Sander や Christian Dior で働き、彼のシグネチャ スタイルである緻密でミニマルなモダニズムと鮮やかな色彩感覚をそれぞれのブランドに持ち込みました。Dior を離れ、Calvin Klein のクリエイティブ ディレクターに起用された後は、自身の名にちなむレーベルに再び集中的に取り組み、若い世代のサブカルチャーに対するこだわりを追求し続けています。ポップ アートにインスパイアされたグラフィックス、写真をコラージュしたプリント、adidas とのコラボレーションから生まれたスニーカーが、テーラードなシャツ作りやニットウェアの新たな解釈をさらに魅力的なものにしています。Simons のコレクションは、テクスチャ、モダンなプロポーション、正確なカットの相互作用を通して、深みのある個人的な感情と未来的なビジョンを感じさせます。

すべてのデザイナー