Isabel Marant

パリジャンの Isabel Marant がその名を冠したコレクションを初めて発表したのは 1995 年のことです。それまで彼女は、ジュエリー デザイナーやニット デザイナーとして働きながら、過度な女性らしさや装飾を廃した着やすい服を発表したいと望んでいました。 彼女のデザインによるスキニー ジーンズや、エレガントなダメージ加工を施したスラウチー ニット、毛皮とシェアリング、メンズウェア アイテム、さらにフリンジ付きブーツやウェッジ スニーカーなどの長年人気のアイテムは、自信に満ちたさりげないフランスのストリート スタイルを表現しています。 女性らしく、しかし過度にセクシーになることのない Marant のスタンスは、決して考え過ぎないミニマルでボヘミアンで実用的なスタイルが見事に融合しています。

すべてのデザイナー