Yohji Yamamoto

1976 年に東京で自身の名にちなむファッション ラインをスタートさせた Yohji Yamamoto(山本耀司)は、女性の肩にそっと着せかけることができるような男性用コートを作りたいという考えを持っていました。 彼のレディースウェアは 1981 年に初めてパリで披露され、そのドラマチックなファッション ショーはアバンギャルドな空想家としての評判を高めましたが、本人は自身を控えめに「仕立屋」と呼んでいます。 このブランドでは、定番である引きずるように丈の長いスカート、巧みにドレープしたドレスやトラウザーズ、アシメトリーなカットと黒一色のカラーが、挑発的でロマンチックな、型にはまらないエレガントな効果を出しています。 そのボリューミーな形には東洋哲学に影響された知性と詩的な感性から生まれた芸術的なカットが隠れており、見る人の興味を引きます。

すべてのデザイナー