Pallas

タキシードとオーダーメイドのスーツを専門とする Pallas は、仕立てと女性用タキシード le smoking の伝統を引き継ぐラインです。 Pallas は、1960 年にパリの 9 区にあるアトリエでジャケットとスーツの仕立てからスタートし、クチュール ハウスや高級ファッション ハウスのための試作品を作っていました。 1991 年には、創業者の息子である Daniel Pallas がパターン制作の専門家だった妻の Véronique Bousquet と共にラインを引き継ぎました。2 人は、2012 年にパリジャン スタイルに影響を受けたレディースのタキシード ラインをスタートさせ、強くエレガントな女性をイメージしたコレクションをシーズンごとに発表しています。 控えめで洗練された流行に左右されないテーラード スタイルは、1 つのアイテムを 1 人の職人が手がける「プチ クチュール」モデルで仕立てられ、一つひとつに番号とサインが入っています。 技術と熟練したデザインに対する厳しい基準をもって作られた Pallas のタキシードは、官能的でモダンで冒険心のある表現によって着る人の誇りを感じさせます。

すべてのデザイナー