KTZ

1997 年に日本人の Koji Maruyama (丸山浩二)とマケドニア人の Marjan Pejoski によって設立された KTZ(「古今東西」の頭文字)は、未来感覚のストリートウェアを究極まで追求しています。 KTZ のメンズウェアは、太いモノクロのラインに、ポップなカラーを配した大胆なグラフィック プリントが施されたオーバーサイズの T シャツ、スラウチー ショート パンツ、ドロップクロッチ ラウンジ トラウザーズが特徴です。新しいクラシックを提案する未来感覚の模様が、ボマー ジャケットや作業服風のジャンプスーツにダークな雰囲気を盛り込んでいます。

すべてのデザイナー