Dr. Martens

Klaus Martens 博士は、第 2 次大戦から母国ドイツへの帰還後、彼の定番となったミリタリー スタイルのブーツを製作しました。 博士は従来のアーミー ブーツを改良し、上質のレザーとエア クッション式のソールを組み合わせてフィット感と機能性を改善することで、快適性と汎用性を高めました。 今日、Dr. Martens は同じ製法を頑なに守り続け、快適さと機能性を備えた多様なレザー フットウェアを提供しています。Dr. Martens のフットウェアは、ウェルト部分の黄色いステッチが目印です。

すべてのデザイナー