Yohji Yamamoto

東京出身のデザイナー Yohji Yamamoto (山本耀司)は、1976 年に自らの名を冠したラインを設立し、1981 年にはパリでメンズ コレクションを発表しました。彼のソフトなラインのスーツは、80 年代から 90 年代にかけて主流のメンズウェア シルエットとなり、「ドレスメーカー」という謙虚な肩書を好む Yamamoto の真意とは裏腹に、そのドラマチックなランウェイ ショーによって彼のアバンギャルド デザイナーとしての名声は高まっていきました。 Yamamoto は日本の伝統的な衣装と西洋の日常着を巧みに融和させたデザインで知られ、ふっくらとしたトラウザーズとジャケットには、テクスチャ感のあるドレープの入った生地や、シャープなボタンダウン カラー、細長いニット、人目を引くグラフィック T シャツを組み合わせています。 そのボリュームのあるアイテムを組み合わせることで、型破りで快適、かつ不思議にエレガントな流れるようなスタイルが生まれます。

すべてのデザイナー