Comme des Garçons Play

Rei Kawakubo (川久保玲)によって設立された日本発レーベルの草分け的存在 Comme des Garçons は、2002 年にディフュージョン ラインとして PLAY を立ち上げました。パターンをあしらった定番のワードローブにこだわりをもっており、このラインのシンプルなニットには、ニューヨークのアーティスト、Filip Pagowski による本ラインの象徴ともいえる丸い目のついたハートのロゴが、様々なバリエーションで用いられています。 このラインでは、T シャツ、ポロ シャツ、スウェットシャツ、ボタンダウンカラー シャツ、Converse All-Star スニーカーなどのカジュアルなメンズウェア アイテムに、ストライプやポルカドット、グラフィックスによる微妙なアレンジが加えられます。 PLAY はロゴやブランディングに対する革新的な視点で、カジュアルなワードローブにアプローチしているのです。

すべてのデザイナー