Undercover

日本発の「カッコよさ」を体現するブランド、Undercover 。 その尖った反骨精神とドラマチックでハイコンセプトなエレガンスで人々を魅了し、相反する要素や二面性を取り入れたブランド ビジョンを生み出しています。 設立者の高橋盾は、それまでデザイナー志望の若者たちの慣習であった「見習いから始める」というしきたりを破り、文化服装学院在学中の 1993 年に自身のブランドを設立しました。 高橋のこうした挑戦的な姿勢と、とどまる所を知らないエネルギーは、パンクにインスピレーションを得た初期の作品を生み出す原動力にもなり、今日に至るまで、Comme des Garçons の川久保玲などファッション界内部からも高い評価を得ています。 高級カジュアル ファッションがトレンドの主流になる何年も前から、Undercoverは、ストリートウェアとクチュールの垣根を超えたスタイルを提供しています。 「We make noise not clothes(服ではなくノイズを作る)」のコンセプトを掲げてクリエーションを続ける高橋のメンズウェアは、ハイ/ロー、独創性/実用性、気味悪さ/美しさといった相反する要素を融合し、意外性のある素材、色彩、カットの組み合わせから生み出されるデザインは、そのウィットと反骨精神で人々を魅了し続けます。 脱構築なテーラリングと様々な要素を融合したディテールは、危うさ、混沌、不屈さ、安らぎ概念を一体となって表現し、他に類をみないほど奥深くそして哲学的なアーバン スタイルのメンズウェアを提案します。 Undercover は論理的かつシュールレアリズムを感じさせる高橋独自のデザインの世界を余すところなく反映し、毎回コレクションごとに新たなる展開を見せてくれます。