Maison Kitsuné

Maison Kitsuné は、同名のエレクトロニック ミュージック レーベルのサイド プロジェクトとして、2002 年に Daft Punk のマネージャーである Gildas Loaec と日本人建築家 Masaya Kuroki(黒木理也)によりスタートしました。日本語の「キツネ」から命名された Kitsuné は、ゆったりとしたシンプルなカットのメンズウェアとレディースウェアで高い評価を得ています。日本とパリでつつましくデビューし、その後クラシックなルックスとキツネのプリントによる装飾で広くその名を知られるようになりました。

すべてのデザイナー