Maison Margiela

ラジカルなコンセプチュアル デザイナー、Martin Margiela は、1988 年に自らの名を冠したクチュール ハウスを設立後、瞬く間にベルギー ファッション界におけるアバンギャルドの騎手としての地位を確立しました。 Margiela のアトリエは、匿名的な職人集団というスタンスを理念としており、Margiela 自身もキャリアを通じてインタビューを拒否し、公の場に姿を見せることはありませんでした。 2009 年に Margiela が引退すると、ラインはパリのデザイン チームの指揮下に入り、その後 2014 年に John Galliano がクリエイティブ ディレクターに任命されました。このレーベルが再び蘇らせたクラシカルなメンズウェアは、常に変化と脱構築に焦点が当てられています。 素材の別用途への再利用、ディストレスト加工、モダンなスーツとテーラーリング、ミニマルなレザー バッグ、巧みなジュエリー、そしてレーベルのシグネチャ アイテムであり無限のパターンを誇る Replica スニーカーは、常に Maison Martin Margiela が抱くコンセプトとラグジュアリーの知的な融合により誕生します。

すべてのデザイナー