Ray-Ban

1937 年、航空機ブームの黎明期に設立された Ray-Ban は、米国空軍に自社開発のメンズ用アビエーター サングラスを初めて納入したブランドです。 上空を飛行するパイロットは太陽光による頭痛と視覚障害に悩まされていましたが、Ray-Ban の防眩レンズは問題を解決してくれる優れた製品でした。 その後も技術革新を続け、野外活動用や軍人用に開発されたグラデーション加工や視界が明るく鮮明に見えるカリクローム レンズが一般市民の間で人気を博すようになりました。1952 年に発売した Wayfarer サングラスは定番商品となり、メインストリーム ファッションへ進出する道が開かれました。 光学技術、デザイン、機能の革新を続ける Ray-Ban は、時代を超えたシェイプとモダンな色使いや素材により、アイウェアのトップ ブランドの名前を今なおほしいままにしています。

すべてのデザイナー