Junya Watanabe

Junya Watanabe (渡辺淳弥)は、Comme des Garcons のデザイナーである Rei Kawakubo (川久保玲)のもとで経験を積んだ日本のデザイナーです。 1984 年に文化服装学院を卒業した後、CDG のパタンナーとしてファッション界でのキャリアをスタートしましたが、すぐに Tricot ラインのチーフ デザイナーに昇格し、その後 CDG Homme のデザインを担当しました。 1993 年には、このレーベルの下で Junya Watanabe Comme des Garcons という個人のラインを開設しました。またこの年から、パリ コレクションに参加しています。 Watanabe は、彼の指導者である Kawakubo と同様、革新的できわめてアバンギャルドなスタイルで有名です。また最先端の素材や、オリジナルのテーラーリング、複雑なドレーピングを使った実験的試みに見られる、技術的に高度なスタイルで知られています。

すべてのデザイナー