Paul Smith

英国伝統のスタイルに対する独自の解釈で有名な Paul Smith。彼は当初、プロの自転車選手を目指していましたが、交通事故でその夢が絶たれたことにより、思いがけずデザインの世界に入りました。 1970 年にロンドンで開いた小さなブティックは、印象的な色使いや個性的なパターンと高級服のテーラーリングが巧妙に共存するファッション ラインへと拡大しました。 この「ツイストの効いたクラシック」という勝利の方程式のおかげで、スミスの型破りなメンズウェアは、確かな自信に満ちたカラフルな選択肢として受け入れられてきました。

すべてのデザイナー