Ganryu

文化服装学院を卒業し。Junya Watanabe (渡辺 淳弥) のパタンナーとして経験を重ねた日本人デザイナー、Fumito Ganryu (丸龍文人) は、2008 年に Comme des Garçons グループ傘下で自身の名にちなむレーベルを立ち上げました。「普遍的なアイテム」作りを目指す Ganryu の、ストリートウェアにインスパイアされたデザインは、対立する要素を合成するスタイルを模索しています。セルビッジ デニムのジーンズ、ポプリンのシャツ、サルエル スタイルのチノーズ、パッチワークのプルオーバーには、斬新なテキスタイルが使用され、アバンギャルドなアクセントが添えられています。その結果生まれた作品は、デザイナーが「未来志向のカジュアルウェア」と呼ぶ、着やすい服でありながら他に類のない進歩的な解釈によるワードローブの定番です。

すべてのデザイナー