Facetasm

日本のストリートウェア レーベル Facetasm は、2007 年春に熱狂的なデビューを飾りました。デザイナーの Hiromichi Ochiai(落合宏理)は、文化服装学院卒業後に Guildwork でのテキスタイル関連業務を経て Facetasm を設立。東京のスタイルと文化が完全な形で抽出されたブランドとして、多くの人々から高く評価されています。 Facetasm のアパレルは、プラッド、ストライプ、カモフラージュなどのストリートウェアにインスパイアされたプリント生地を使ったレイヤードの、アバンギャルドなシルエットが特徴です。

すべてのデザイナー