Bianca Chandon

ストリートウェアブランド Bianca Chandon は、スケートボードカルチャーとハイファッションの領域を融合させたいというプロスケーター Alex Olson の想いによって 2014 年に設立されました。 70 年代にニューヨークで一世を風靡し、名だたるセレブや著名人が足繁く通った伝説のディスコ Studio 54 の顔的存在だった ビアンカ(Bianca) ・ジャガーと、フランス人レーシングカードライバーで Moët et Chandon 一族の御曹司だった Olivier Chandon de Brailles のふたりにちなんでブランド名がつけられたという Bianca Chandon。 その名の通り、メンズウェアは、70年代のサブカルチャーの感性と破天荒さからインスピレーションを得ています。 70 年代のニューヨークのクラブシーンの喧噪やスケートボード全盛期にカリフォルニアのスケーター特有のフィットしたファッションに加え、Olson のデザインは、80 年代後半のヴォーギングのダンスシーンや、90 年代初頭のアヴァンギャルドなファッション雑誌が標榜していた「アンチファッション」の美学にも目も向けることで、様々な要素が混ざり合った唯一無二のスタイルを作り上げています。 シーズンごとに発表されるコレクションは、文字をあしらったデザインが持ち味のストリートウェアで構成され、少数ロットで限定数のみ生産されています。 遊び心のあるグラフィックや目を引くフレーズをあしらったキャップ、フーディ、T シャツ、ラウンジパンツ、アクセサリー、スケートボードは、「ファッションと同様、スケートボードにおいても、最後に勝負を決めるのは、スタイルだ」という Olson の名言を体現しています。