Blondey

2013年、Lev Tanju によって、サウス・バンクの倉庫街から Palace Skateboards の顔に抜擢された Blondey McCoy。 この生粋のサウス ロンドンっ子は、デザイナー、アーティスト、スケートボーダーとして、イギリスのカルチャー アイコンとも呼べる存在にまでなりました。 ストリートウェア界を制した彼が自らの名を冠した 2 つめのブランド、Blondey でファッション シーンに堂々復帰したのも自然な成り行きでした。 本人の名を冠していることからわかる通り、Blondey では、マルチに活躍するデザイナーの極めてパーソナルなビジョンが表現されています。 このブランドは、ファッション分野に展開した彼のアート作品という側面も持ち、2015 年に開催された初個展以降の、McCoy の著名なアート活動の一翼をになっています。 彼のアート作品を彩る個人的な経験や想いをデザインに取り入れることで、より親密で劇的なデザインに仕上がっている Blondey。 そこでは、メンズ ストリートウェアの定番アイテムに、イギリスのポップ カルチャー、宗教、政治、そして自伝的な要素が盛り込まれています。 スウェット シャツやフーディの名前は、過去の展覧会のタイトルからつけられており、特に、2018 年の個展「Us and Chem」では、McCoy は精神病との闘いについて掘り下げました。 コラージュ スタイルのグラフィックやオリジナルな合成写真を配した T シャツはまさにスケート文化の DIY の精神そのもので、中でもステッカーがたくさん貼られたスケート デッキの裏側を彷彿とさせます。