Tricot Comme des Garçons

1981 年に設立された Tricot Comme des Garçons(Tricot はフランス語で「ニットウェア」)は、Junya Wantanabe(渡辺淳弥)の下で学んだ Tao Kurihara(栗原たお)がデザインしています。レディースのディフュージョン ラインであるこのレーベルは、一つひとつに巧みにひねりを利かせたエキセントリックなベーシック アイテムを得意としています。大きな影響力を持つ日本のサブカルチャーが生んだロリータ ファッションを思い起こさせる Kurihara(栗原)のデザインは、さまざまな国のキッチュなアイテム(マトリョーシカ人形、ビンテージのスイス製ハンカチ、古風な女学生の制服など)にヒントを得たテイストに、コンテンポラリーな着こなしに合わせたダーク ユーモアを効かせています。

すべてのデザイナー