Ports 1961

Ports 1961 は、カナダ人実業家の Luke Tanabe が日本製の高級シルクを扱う輸入品店として始めました。 現在 Fiona Cibani がデザインを手がける Ports 1961 は、ラグジュアリー スタイルの真に汎用なラインとして、シースルーのドレスにミリタリー テイストの巧みな仕立てを組み合わせ、レパートリーを広げています。 新興市場だったアジアへの意欲的な進出と並び、上質な生地と一つひとつの服の緻密な仕立ては、設立当初の Ports 1961 が持っていたグローバル化の精神を理想的なものとして表現したものと言えます。

すべてのデザイナー