Noir Kei Ninomiya

東京出身のデザイナー、Kei Ninomiya(二宮啓)にとっては、クリエイションのプロセスがインスピレーションの源であり、 一着の服を仕立てる間に思いがけない発見と予想しなかった結果が続きます。 Comme des Garçons でデザイナーとパターンメーカーを務めた Ninomiya(二宮)は、2012 年に自身のレディースウェア ラインをスタートさせ、黒一色に 重点を置いています。 濃淡、テクスチャ、素材の眼を見張るバリエーションで展開される黒という色は、新たな方法で服のフォルムにアプローチしようとする Ninomiya(二宮)にとって、画家がさまざまなテクニックを試すキャンバスと同じ役割を果たしています。 レーザー カット、メタル ハードウェア、細かいプリーツ、実験的なニットや DIY を思わせる縫製によって、チュールやレザー、パール、ジャージなどの素材が、服作りのプロセスに発想を得たデザインを大胆に表現します。

すべてのデザイナー