Faris

ワシントン州シアトル出身の Faris du Graf は、建築の分野でキャリアをスタートさせながら、ロンドンのセントラル セント マーティンズで金属細工とジュエリーメイキングを学び、同名のブランドを立ち上げてデザインの世界へ飛び込んだ独創的デザイナーです。 両親共に現代家具のスペシャリストであった Du Graff は、フォルムとストラクチャに囲まれて成長しましたが、従来の境界をエレガントに飛び超えてみせます。 Faris が表現するのは、現代に合わせて脚色された伝統のスタイル。 フープ イヤリング、ドロップ イヤリング、イヤ カフなどのクラシックなアクセサリーは、ユニークな不定形のアート オブジェに変身します。 スタッドが耳朶や耳輪を抱擁し、シンプルなチェーンリンクのネックレスやバンド リングには、なだらかに起伏する女性的な形状が寄り添います。 自然と都会が共存するシアトルの環境を反映して、オニキスやケシ パールなどのオーガニックな要素は重力と戯れて宙に浮遊し、スターリングやブロンズの構成とひとつに溶け合います。 Faris は「女性」という無限の泉からインスピレーションを得て、大胆で実験的なデザインを誕生させつつも、時代を超えて美しく女性を飾る現代アクセサリーの視点を失うことはありません。