Yves Salomon

Yves Salomon は、19世紀初頭にサンクト ペテルブルクで毛皮の取引を行っていたシベリアにルーツを持つ毛皮商の 3 代目として家業を受け継ぎました。1960 年代には、パリを拠点とする Salomon のアトリエはその一流の職人技と Revillon や Dior などのクチュール ハウスとのコラボレーションを通じてトレンドを生み出す手腕で知られるようになっていました。1980 年代にライセンスに基づくコラボレーションが劇的に増加し、Azzedine Alaia や Jean Paul Gaultier から Prada や Yves Saint Laurent のようなブランドからも発注されるようになって、ファッション界の中心へと躍り出ました。今では100 種類を超えるファーを扱い、絶え間ない技術革新を続けています。Yves Salomon のメインのメンズ ラインは、ファーのライニングや最高級の素材を用いたトリムを特徴とするクラシックで実用的なダウン パーカーやボマー ジャケットを提案しています。

すべてのデザイナー