Kiko Kostadinovの島

飾らずにゆるりと纏うキコ ・コスタディノフの最新コレクション

  • スタイリング: Kiko Kostadinov
  • 写真: Bolade Banjo

無我夢中で逸楽に溺れる地—といえばイビサだろう。地中海沿いに位置するこの温帯の土地には、年間3000時間近く日光が降り注ぐ。快楽でもうろうとするようなこの場所で、バーベット・シュローダー(Barbet Schroeder) が傑作カルト映画 『モア』を撮影した。デザイナーのキコ ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)は、オマージュとして、ここを自身の00052018コレクションの撮影場所に選んだ。

ボラデ・バンジョー(Bolade Banjo)が撮影し、コスタディノフがスタイリングしたこのコレクションは、地中海の景色、そして『モア』の耽溺の物語を表現する。テラコッタ カラー、セルリアン ブルー、モス グリーン、そして淡いピンクがサイケデリックに織り込こまれたインタルシア編みのセーターに、ストーン グレイのトラウザーズ。まさに、快楽の地で迷い込むための実用性に溢れる服がここにある。

モデル着用アイテム:コート(Kiko Kostadinov)

モデル着用アイテム:クルーネック(Kiko Kostadinov)

モデル着用アイテム:シャツ(Kiko Kostadinov)

  • スタイリング: Kiko Kostadinov
  • 写真: Bolade Banjo
  • 撮影アシスタント: Sarah Small
  • モデル: Aitor Martinez