Repossi

Repossi は、1920 年にトリノで Constantino Repossi が父親の高級ジュエリー ショップを引き継いだことから始まりました。 Repossi は、アールデコと戦後イタリアのモダニズムを象徴するようなアバンギャルドのデザインを生み出しました。 何度かの世代交代を経て、2007 年からは現在のチーフ デザイナーである Gaia Repossi がこのラインを経営しています。 ブルータリズムやミニマリズム、バウハウスといったムーブメント、そして Cy Twombly、Richard Serra、Le Corbusier にヒントを得た Repossi のデザインは、建築や現代彫刻の影響を感じさせる飾り気のないエレガンスが特徴です。 定番商品であるミニマルな Berbere シリーズのイヤーカフやマルチ バンド リングにはローズ ゴールド、ブラック ゴールド、ダイヤモンドが使われ、歴史あるアトリエの持つ技術がモダンなスタイルの高級ジュエリーに結実しています。