Charles Jeffrey Loverboy

人気急上昇中のユニセックス ブランド Charles Jeffrey Loverboy は、クィアとしての実体験から生まれた変容の精神を表現し、エッジーで誠実なエネルギーが脈打つ作品を登場させます。 ブランドの始まりは、デザイナー、イラストレーター、自称クラブ キッズであったスコットランド生まれの Charles Jeffrey が、18 歳で地元グラスゴーを離れた 2009 年まで遡ります。 Jeffrey は、その後、ロンドンの名門セントラル セント マーティンズでファッション デザインの学士号を取得しました 。 学校を後にした若きデザイナー Jeffrey の軌跡は華々しく、Charles Jeffrey Loverboy の立ち上げから 1 年を経ずして、2017 年度ブリティッシュ ファッション アワードの最優秀新進メンズウェア デザイナーに選ばれました。 クィアとクラブキッズの文化はとりわけファッションの新しいモチーフではありませんが、Jeffrey のエキサイティングな独創性は、スコットランドでクィアとして成長した過程ゆえのペーソスと結び付けることができます。 そして、激動の過去を持つ母国と自己のアイデンティティを肯定し受容した歓喜が、ともに存在しています。 スコットランド伝統のタータンチェックを使ったスカート、シャツ、キャップ。 一方で、露骨なパッチワークやグラフィティを大胆にあしらい、斬新なアバンギャルドのプロポーションで提案されるアイテム。 両者は、対照を成しつつも無理なく共存し、Jeffrey 自身が辿った内面の旅路を語ります。