Olivier Theyskens

若きベルギー人デザイナー Olivier Theyskens は、自ら立ち上げたウィメンズウェアのパーソナル ブランドを 2002 年に一旦休止し、しばらくは大手ファッションブランドにて指揮を執ってきましたが、2017年の春夏シーンズに自身の名を冠したブランドを再開させました。 Rochas と Nina Ricci 時代には、そのダークで詩的な美意識と卓越したデザイン技術で名を馳せた Theyskens。 今回再開したブランドでは、初期の作品の底流に流れる物憂げなロマンティシズムに現代的解釈を加え、日常スタイルにミニマリストなエレガンスを取り入れることへと軸足を移しています。 洗練性とセンシュアリティを兼ね添えた、フェミニンなシャツ、ニットウェア、スリムなパンツ、ビスチェ、トレンチ コート、ミニスカートのラグジュアリー コレクションは、唯一無二のテーラリング技術と、切れ味のあるシルエットが持ち味です。