Mari Giudicelli

ファッション工科大学でパターンメイキングを学び、Maryam Nassir Zadeh や Mansur Gavriel といったブランドのミューズを演じながら 5 年をニューヨークで過ごしたブラジル出身のモデル Mari Giudicelli は、2015 年に自身の名を付けたフットウェア ブランドをスタートしました。 母国ブラジルの家族経営の工場で手作りされる Giudicelli のデザインには、優れたレザーワークと職人技に対する献身が反映されています。 クラシックなシルエットに現代的な表情を与えたミニマルなシューズは、履きやすさと幅広い用途が特色です。 滑らかなスエードなどの豪華なテキスタイル、リザード スキン、ポニー ヘア、そしてラビット ファーのライニングといった斬新なディテールは、ビンテージ スタイルのエキセントリックなエレガンスを再現します。 メンズウェアにインスパイアされたローファー、シンプルなスリッポン サンダル、ローヒール パンプスは気取りのない洗練、ミュールやバレリーナスタイルのヒールはフェミニンなお洒落を演出します。