Hanky Panky

ランジェリー ブランド Hanky Panky 発足のきっかけは、1977 年に Gale Epstein が親友 Lida Orzeck へ贈ったギフト。 「パンツスーツを着用する際に完璧な下着がない」という Orzeck の悩みを聞いた Epstein は、ショーツのラインがひびかず、履き心地にも優れたパーフェクトな下着を生み出すため、ビクトリアン刺繍がほどこされたハンカチをもとに上下セットのランジェリーを Orzeck にプレゼントしました。 このシンプルかつ独創的な発想から生まれたハンドメイドの贈り物が、Epstein と Orzeck のランジェリー ブランド Hanky Panky の出発点となりました。 パーソンズ美術大学の芸術学位を持つ Epstein とコロンビア大学の社会心理学の博士号を持つ Orzeck。 ビジネスのバックグラウンドがないふたりによって立ち上げられた Hanky Panky でしたが、その品質の高さと優れた履き心地、そして遊び心のある女性らしいデザインが魅力のランジェリー ブランドはたちまち注目を集めました。 革新的なデザインとアメリカ国内での生産にこだわった Hanky Panky は、他の下着ブランドとは一線を画すエシカルかつ環境に配慮した製品作りによって、インナーウェア業界の最前線を走り続けています。 タンガとシグネチャのレース素材でよく知られ、ニューヨークを拠点に活動する Hanky Panky のベーシックアイテムの数々は、女性たちの身体をより美しく演出するバラエティに富んだカットと魅惑的なカラーバリエーションが魅力。 お洒落な海外セレブリティ御用達の Hanky Panky は、その優れた耐久性と伸縮性、身体を優しく包み込む柔らかな肌触り、そしてセクシーな下着を提案するランジェリー ブランドとして、不動の地位を築き上げています。