Fumito Ganryu ジャケット

デザイナーの丸龍文人は、自らの名を冠したブランド Fumito Ganryu において、ストリートウェアとワークウェア、そしてハイ ファッションを融合させ、長年培ってきた時代の先端を行く美学と巧みな職人技を存分に発揮しています。 福岡出身の丸龍は、アバンギャルドを代表する日本のブランドで 10 年以上に渡り経験を積み、その中で Junya Watanabe のパタンナーとして働いたり、自らのディフュージョン ラインを手がけたりしました。 そして、イタリアで開催されるメンズウェアの見本市「第 94 回ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)」で、自らの名を冠した独立ブランドとして待望のデビューを飾りました。 Fumito Ganryu は、デザイナーにとって、都市と自然の関係を探求する場でもあり、例えば、先端の技術をふんだんに用いた合成のファブリックを日本伝統の藍染め技術で相殺するといった手法が用いられています。 「21 世紀のコンセプチュアルなウェア」というコンセプトで作られる先進的な服は、モード的な要素がありながらも、着やすいデザインが特徴です。 繰り返し登場する現代的なテーマを遊び心溢れるディテールを用いて表現したアイテムは、どこか見覚えがあるようで、完全に予想外の仕上がりとなっており、現代のカジュアル ウェアのあり方に、新たな選択肢を加えるものとなっています。

全部のアイテムを見る Fumito Ganryu

Fumito Ganryu - ブラック サイド Ventilation コーチ ジャケット

Fumito Ganryu

ブラック サイド Ventilation コーチ ジャケット

¥102000