Calvin Klein 205W39NYC ドレス

1968 年、デザイナーの卵であった Calvin Klein が完璧なテーラリングのコートをデザインし、ニューヨーク 7 番街にあるデパートのバイヤーに持ち込んだことから、アメリカでもっとも代表的なブランドのひとつが生まれました。 そして Klein のモダンで無駄のないスポーツウェアは、すでに70 年代中旬には高い評価を受けていました。 デザイナー デニムやあらゆる目的に応えるベーシックの先駆者である Klein は、80 年代と90 年代に一躍名を広め、ロゴを中心に据えたブランディングや印象的な広告と同じく、グランジなミニマリズムを表現した「ヘロイン シック」の美学で注目を集めました。 ベルギー出身のクリエイティブ ディレクター Raf Simons の指揮下で現代的に再生した Calvin Klein 205W39NYC は、大胆、斬新、魅惑、洗練の要素をすべて備え、世界のファッション界でアメリカ独自の伝統を提唱しています。 過去数十年にわたるアメリカのスタイルを参照して融合する Calvin Klein 205W39NYC は、実用とポップ カルチャーの視覚イメージが交わる領域を探求します。 ワークウェア、大学チームのユニフォーム、ウエスタン ウェアの要素を等しく取り入れ、隙のないテーラリングのスーツ、ラインの美しいイブニングウェア、贅沢なニットウェア、グレードアップした定番アイテム、シグネチャのジーンズなどが揃ったカジュアルなセパレーツは、センシュアルでミニマルな美学をさらに前進させています。

全部のアイテムを見る Calvin Klein 205W39NYC