Anton Belinskiy ショート パンツ

ウクライナ出身のデザイナー Anton Belinskiy は、タラス シェフチェンコ記念国立芸術学校、続いてニューヨーク州立ファッション工科大学を卒業して間もない 2009 年、同名のブランドを立ち上げました。 そして、2015 年には LVMH プライズの選抜候補に残り、キエフで創設した「ワン デー プロジェクト」によってますます名声の地歩を固めます。 「ワン デー プロジェクト」は、ウクライナの独立 25 周年を記念して、地元の前衛デザイナーが参加したミニ ファッション ウィークでした。 自らのルーツを大切に守り、コレクション全般を通じて母国の政治環境を表現する Belinskiy は、日常からもインスピレーションを汲みとります。 T シャツ、スウェットシャツ、フーディ、ラウンジ パンツをはじめとするストリートウェアは、ID パッチ、パスポート、オレンジ色のマリーゴールド、国旗など、国家を強く意識したシンボルをあしらわれ、ボリュームのあるコットンのスカート、かっちりした仕立てのトラウザーズ、デコンストラクトなボタンダウンと組み合わされます。 ウクライナを象徴するカラーでファブリックやテキスタイルを併用したウィメンズウェアは、ソビエト連邦時代にウクライナが辿った波乱の過去を視覚的に表現すると同時に、現在の世代の進歩的な楽観主義を映し出しています。

全部のアイテムを見る Anton Belinskiy