Vans ビーニー

1966 年、Paul Van Doren と Jim Van Doren の兄弟がカリフォルニアで Vans を立ち上げました。 Van Doren Rubber Company を前身とする同ブランドは、スケートボード文化に精通した作りが特徴で、サブカルチャーを代表するシューズとしてその名を確立しています。 Vans 創設当初から同ブランドの顔であるラバーのワッフル ソールは、初代モデルのロートップ スリッポン スケート スニーカーをはじめ、今日も多くのモデルで採用されています。 時代を超えて愛されるハイトップ、ミッドトップ、レースアップ、スリッポン スニーカーは、Vans を代表する型を受け継ぎながら、新たな生地、柄、カラーを使うことで多彩なバリエーションを生み出し、進化を遂げてきました。 耐久性のあるキャンバスやレザーを使うなど、同ブランドが誇る品質の良さは、時を経ても健在です。 現クリエイティブ ディレクター Rian Pozzebon が提案する、定番モデルを踏襲したデザインは、「クラシックなモデルこそ、Vans が象徴する自然体なスケートボード カルチャーやライフスタイルを体現している」という信念に基づいたものです。 スケーターのパーフォーマンス性を意識して作られた初代モデルに対する敬意、そんな Pozzebon の真摯な姿勢がコレクションに反映されていることが、創業してから数十年経った今もなお、Vans のフットウェアが多くのファンを魅了し続ける理由なのかもしれません。 ストリート ウェアとスケーターの熱狂的な支持を受けた Vans は、今や他のサブカルチャーにも取り入れられ、フットウェア界で不動の人気を誇るまでに成長しました。 シーズンごとに新たなカラーや柄が加わる Vans の豊富なラインナップは、カジュアルなシーンにもシックなスタイルにも合う、万能な一足を提供します。

次の条件に一致する商品はありません:Vans ビーニー.

別のデザイナーをお選びください。または、ページ下部よりニュースレターを購読すると、新着商品、プロモーション、セールなどに関する最新情報をメールでお届けします。