Calvin Klein 205W39NYC ハット

1968 年当時、デザイナーの卵であった Calvin Klein が、自らデザインした何着もの完璧なテーラリングのコートをニューヨークの 7 番街にあるデパートのバイヤーに持ち込んだことから、アメリカで最もアイコニックなブランドのひとつ Calvin Klein が誕生しました 。 そして 70 年代半ばには既に、Klein の伝統的なアメリカン スポーツウェアに対するモダンでミニマリストな解釈が、ファッション業界の称賛の的になっていました。 デザイナーズ デニムや普遍的なベーシック アイテムの先駆者である Klein は、80 年代から90 年代にかけて、そのアイコニックなロゴを中心としたデザインや印象的な広告、挑発的な「ヘロイン シック」の美学で瞬く間に名を馳せました 。 ブランドがモダンに生まれ変わった Calvin Klein 205W39NYC では、ベルギー出身のデザイナー Raf Simons の指揮下で、Klein の大胆で革新的かつ魅惑的に洗練されたビジョンが受け継がれています。 ラグジュアリーな定番商品、ニットウェア、緻密にテーラリングされたスーツ、アップグレードしたラウンジウェアといった垂涎のアイテムは、作業服、大学スポーツチームのユニフォーム、ウエスタン ウェアの要素を取り入れ、グローバル ファッションにおいてアメリカ独自の伝承を表現しています。

全部のアイテムを見る Calvin Klein 205W39NYC