ERL

ロサンゼルスのクリエイティブなエネルギーから誕生した ERL は、デザイナーの Eli Russell Linnetz とアーティストの Jordan Wolfson、そして Nike のコラボレーション プロジェクトです。 ブランドの生みの親である Linnetz は、ERL の立ち上げ以前は写真家として知られており、カーダシアン一家やレディー・ガガの撮影を手がけていました。 デザイナー兼フォトグラファーの彼が服作りを学んだのは南カリフォルニア大学に在学中で、脚本を勉強するかたわら、学費を稼ぐためにオペラ学科の衣装制作を担当したのがきっかけでした。 ベニスビーチで育った Linnetz は、L.A. の若者の精神を体現するユニセックスなブランドをイメージして ERL を生み出しました。 彼が撮る写真と同様、ERL には、90 年代のピクサー映画やベニスビーチのスケーター、サンタモニカのスイミング チームからインスピレーションを得たような、ノスタルジックな雰囲気を醸し出します。 メンズウェア コレクションでは、鮮やかなカラーや一風変わったテキスタイルを多用した、T シャツ、ボタンアップ シャツ、ショーツ、そしてアクセサリーを展開しています。 ロゴや Wolfson のグラフィックがアーティスティックに散りばめられたアイテムは、シンプルで気取らないデザインが特徴です。 センチメンタルなエネルギーに溢れた ERL は、何もかもが純粋で明快だった時代に、着る者をタイムスリップさせてくれます。