Monies

時を経ても色褪せることなく、いつまでも輝きを失わないゴールドは、貴金属の中でも特に愛され続けてきた金属です。 金細工の技法には、貴金属を使った様々な工程が存在しますが、そのひとつが、より強度の高い合金を生み出すために、ゴールドやシルバーに他の金属を加えることです。 ふたつがひとつになり、より良いものを作り出す。 それは、結婚を機に、ジュエリー ブランド Monies を立ち上げた、熟練の金細工職人 Gerda Monies と Nikolai Monies のふたりにも当てはまります。 Monies 夫妻は、1973 年にコペンハーゲンの水辺に面したアトリエでウィメンズ ジュエリー ラインをスタート。 その後、金箔、銀箔、アカシア、ホーン、ココナッツ、エボニーなど、一風変わった素材の虜となり、様々な材料を使ったジュエリーを作り続けています。 構造やサイズを緻密に計算したブレスレット、イヤリング、ネックレスは、繊細なエレガンスを醸し出す作品から、芸術的な個性派まで、様々な印象を与えるラインナップを展開しています。 異なる物を融合することを得意とする Monies はこれまで、Chanel、Christian Lacroix、Donna Karan といった大手メゾンとのコラボレーションを実現してきました。